カーテンで出来るインテリアの幅とは

家の中を綺麗に飾る。インテリアは非常に注目されているものとなっており長いおうち時間を過ごす中で少しずつDIYも用いながら自分の理想的な空間を作っている人が増えています。そんなインテリアの要であるカーテン、そのアレンジ方法や種類、用途などさまざまな目線からご紹介いたします。

いま見直されているインテリア

インテリアとしてのカーテン

テレワークも多くなっているいま、家での時間が非常に増えておりその中で家の中の空間を見直している人も増えています。
いままでは外出して満たしていたものを家の中で満たそうとする試みも増えており、今まではそこまで考えていなかったインテリアをよりおしゃれなものに変更していく、そんな動きが広まっています。
動画サイトで見ると多くの方がその様子を公開しており、DIYの方法やインテリアの内装のコツなどさまざまな情報を発信し、動画サイトやSNSで誰でもその情報を見られるようになっています。
素人が施したと思えないような工夫を凝らされた部屋が多数掲載されており、それがまたプチプライスで行われている事が多く誰でも簡単に、手軽にチャレンジできるので段々波は広がってインテリアに興味を示す人が増えています。
そのため今家で簡単なDIYを駆使して、それで部屋を作り上げている人が多くなっています。
またその簡単なDIYで出来る範囲は非常に広くなっており、ちょっとした小物を駆使していくだけでも十分に自分が目指すテーマに近いものを作ることができる傾向があります。
またそれらは既製品の組み合わせでも十分可能、百均アイテムだけで十分に揃えられたりと安価で可愛い、そしてテーマにそったものを作ることができるようになっています。
しかしこのインテリアも素人の範囲では少々難しいところがあり、それが床や壁です。
床はまだ工夫のしようがありますが、壁に関しては少々難しく、どうしても思うようにいかない事もあります。
もともとの部屋を活かす方向で考えてテーマを組んでいる人が多いですが、相変わらず殺風景なままの壁にあまり満足をしていない……そんな方は少なくはないです。
そんな方にこそおすすめなのがカーテンとなっており、窓際のインテリアとして広く使用されているカーテン、機能性も勿論ですがインテリアにおいても重要なものとなっています。
カーテンはそれそのものが非常に存在感があるので、それ一枚で部屋の印象を変えてしまうようなものです。
このカーテンの色柄や、またはアレンジなどを工夫することで、より自分の部屋のテーマを強調できることがあります。
勿論工夫が必要なのでそれを考えなくてはなりませんが、その例もたくさん情報がネットにはありますので、それを参考に自分好みのアレンジをしていくのがおすすめです。
おうち時間が増えたことでより快適に、そして自分にとって楽しくインテリアを工夫していく人が多くなっています。
また自分だけの空間ということで他人を気にする必要なく好きな空間作りができるので、思う存分テーマにそってお部屋作りをしていくのをおすすめいたします。
賃貸の場合でも復帰可能な範囲で凝ったDIYをする方法を掲載している人もいますので、それを参考に自分だけのお部屋作りを楽しむのをおすすめいたします。
こだわった空間は日常生活に華を添えてくれるものです。
カーテンを使用することでよりそのこだわりを引き立ててくれますのでこの機にカーテン選びもおすすめいたします。

窓際インテリアの種類はどんなものがある?

カーテンの種類

窓際のインテリアによく見かけるのがブラインド、ロールスクリーン、カーテンの三つです。
勿論他にもありますが、今回この三つに限ってご紹介いたします。

ブラインド

ブラインドはよくオフィスで見かけられる何枚もの羽が重なったようなものとなっています。
薄い羽が幾層にもなり、その角度を調整することで光を調整したり目隠しにしたりすることができます。
またこれは洋室はもちろんですが和室にもマッチしやすいインテリアとなっており、重宝されています。
こうした窓際のインテリアに困りがちな和室にも添えやすいという点で非常に使いやすくなっています。
しかしデメリットとして挙げられるのが掃除のしにくさ、専用のブラシで埃を落とす必要があり、また遮音性に関してもあまりいいとは言えないです。
あまり使用頻度の高くない部屋で静かな場所に使用する場合はインテリアとしてもおしゃれでメリットは多いですが実用性の部分では少々劣りますので注意です。

ロールスクリーン

ロールスクリーンはスタイリッシュなお部屋を作りたい時や、閉塞感を部屋の中に持たせたくない時に嬉しい窓際インテリアとなっています。
まずコンパクトに収納できるのが魅力的となっており、全部巻き上げてしまえば10センチ程度におさまってしまうそんなコンパクトさが魅力です。
そしてロールスクリーンは蛇腹状になっていないので、一枚絵として色柄を楽しめるというのも魅力の一つ、全部降ろしていてもスタイリッシュに、そして閉塞感を感じられないのでオシャレな部屋作りに欠かせない存在と言えます。
また部屋の仕切りとしても便利なので、オシャレな仕切りでコンパクトにおさめられるものが必要な場合こちらのロールスクリーンがおすすめとなっています。
デメリットは遮光性があまりいいとは言えないところ、これはどうしても性質上端から光が漏れてしまいますので、完全な遮光をしてしまいたい場合はあまり向いていないものとされています。
しっかり遮光したい部屋の場合はこちらのロールスクリーンはおすすめできないですが、インテリア重視でスタイリッシュなお部屋作りをしたい場合は非常におすすめです。

カーテン

最後にカーテン、これは色柄種類が全て豊富となっており、どこの家庭でも用いられているもっともメジャーな窓際インテリアです。
もっとも実用性が高いのでその分種類も豊富、機能性はもちろん色柄も非常に豊富、ドレープカーテンだけではなくレースカーテンも併用することで調光はもちろん、フェミニンな印象にもスタイリッシュな印象にもインテリアのイメージを変えてくれます。
遮音性遮光性、他には花粉防止UVカットの効果もあるカーテンもありますので、より実用性を求める場合はカーテンがもっともおすすめとなっています。
デメリットとして挙げられるのが閉塞感で、カーテンはそれそのものが他二つに比べて主張が強いので、やや部屋が狭く感じられる、そんな印象が出てしまいます。
全部閉め切ったときが特にそれが顕著なので、できれば軽いものを選んでおきたい、そんな人も少なくはないです。
しかし、そんな要望に応えるように超軽量素材の遮光カーテンも販売されており、また色柄が豊富なのでカーテンの存在感を利用したインテリアを楽しめるというのもポイントです。
工夫次第でお部屋の主役にも、名脇役にももってくることが可能なので、さまざまなアレンジを調べて試してみるのをおすすめいたします。

カーテンを選ぶ時のコツは?

カーテンを選ぶ時のコツ

カーテンはそれそのものが非常に主張が強いので、もしカーテン選びに失敗してしまった場合部屋とマッチしなくて落ち着かない……そんなことも十分ありえるものとなっています。
では失敗しないカーテン選びとはどうすればいいのか?そのコツについてご紹介いたします。
日本の部屋は主に白やオフホワイトでまとめられていることが多いですが、部屋によってはワンポイントだけ壁紙の色を変えたりしている場合もあります。
カーテンの取り付け位置の壁やカーペット、その色合いと同系色、類似色をもってくることで随分とマッチするようになります。
シンプルなものが嫌な場合でも、基本の色さえマッチしていればガラが何色であってもマッチしやすく、白地に黒い柄などそうした組み合わせのカーテンを持ってくるのがおすすめとなっています。
また類似色はさらに選ぶ幅が広がり、同じトーンのものを持ってくると馴染みやすいです。
淡い色合いには淡い色柄のカーテンを、はっきりした色合いには同じような色あいのものを持ってくることで他の壁や床と馴染み、カーテンだけ妙にういてしまうということを防げます。
同じ部屋に窓が複数ある場合は全部同じカーテンを採用するとより統一感が生まれてカーテンが主役の落ち着いた部屋にまとまりやすいです。
そしてもともとインテリアはしっかり出来上がっている場合は、そのインテリアにあわせてカーテンを購入することでマッチしやすいです。
プリンセス風、モノトーン風、エスニック風、カフェ風……さまざまなお部屋がありますが、そうしたテーマがしっかり決まっている場合はそれにあわせたカーテンをもってくるとより部屋のテーマが強調され、カーテンは名脇役となって部屋の雰囲気をさらによくしてくれます。
そのテーマにあわせたカーテンがわからない!そんな場合はネット上で同系統のテーマのお部屋を探し、それを参考にするとより失敗しにくいのでおすすめです。
今はネットでもカーテンを通販できますので、通販サイトを見ながら一緒にそのテーマのお部屋を検索すると、リアルタイムで見比べが簡単に!ネット環境を駆使してカーテン選びをよりスムーズなものにしておきたいところです。
そのテーマにあわせた系統のカーテンも非常に調べやすくなっていますので、お好みのカーテンを見つけやすくなっています。
今まで失敗したくないという理由からグレーやベージュなど無難なものしか選んでこなかった方も、こうしたコツをおさえておくことでよりカーテン選びが楽しくなります。
選択肢が広がり、幅が広くなったカーテン選びはお部屋をより華やかにしてくれます。
またカーテンをまとめるタッセル部分だけアレンジをすることもできますので、そうしたアレンジも併用してより自分が好きになれるお部屋作りをしていくのをおすすめいたします。
カーテンは遊び心をふんだんに詰め込めるもの、思った以上にアレンジしがいのあるものなので、楽しくコーディネートしていけます。

もしカーテン選びに迷っているなら、ぜひ『びっくりカーペット』をのぞいてみてください。
https://bicklycarpet.co.jp/

実店舗とは比べ物にならない、圧倒的な品ぞろえが魅力!
あなたのお気に入りの1枚も、きっと見つかるはずです。

気になる商品があれば、カーテン生地の無料サンプルを注文して、色味や風合いをチェックしてみましょう。
お家時間が長い今だからこそ、あなたの「好き」がたくさんつまった、素敵なお部屋づくりにトライしてみてくださいね。

カーテン購入は通販がとてもおすすめです

通販で買えるカーテン

家具屋さんにいって整然とならんだカーテンからお気に入りのものを見つけるのはとても楽しいもの、また実際の手触りも感じられますので、直接店舗にいって購入するのは楽しみがあります。
しかし今、あまり外出をしたくないという人も多いもので、以前なら気軽にいっていた家具屋さんにいくのも少々行き辛くなっている、そんな人も多くなっています。
いまインテリアに凝る人が非常に増えていますので、その分家具屋さんに行く人も増えているもの、そのため行けば混雑している場合もあります。
しかしいまは家具屋の多くが通販に力をいれており、簡単に家の中から通販をすることができるようになっています。
基本的に通販の商品は店頭にて扱われていることが多く、検索を上手く使うことで見逃さずにより効率よくカーテンを選んでいただけるようになっています。
また家で実際サイズを計ってから家具屋でカーテン選びをするよりも効率的、カーテンのサイズを確認したあとでもとりつける場所の計測ができますので計り忘れてしまったということも起こらないです。
またインテリアや実用性、どこかにこだわって購入する場合実際に歩き回って探すのは結構な労力、そのため効率よく探したい場合は通販でサクッと検索してしまうのをおすすめいたします。
カーテンの種類も多く、ショップによってはそのショップのコンセプトを忠実に再現したカーテンも販売しているもの、プリンセス風、英国風、モード風……また加工についてもしっかり明記されていますので失敗が少ないです。
今現在カーテン選びに悩んでいる方こそ通販での購入がおすすめ、おうち時間でじっくり悩み、インテリアを組み立てながら直感的に購入できるようになっています。
存在感が大きなカーテンは選ぶのにも慎重になりがちです。
家で使用するものなので家の中での購入が或る意味適しています。
自分の部屋とカーテンを見比べながら選び、お気に入りのカーテンを見つけたいところです。
ネット上にカーテンの種類はたくさん出回っています。
きっとお気に入りの、理想的なデザインと加工をされているものが見つかりますので、うまくネット通販を利用したいところです。
同時にカーテンをアレンジするアイテムを購入するのもおすすめで、画面ごしに細かく見比べるのも可能です。